テストはあるの?通信制大学の入試

レポートや作文の提出で合否判定が行われるところが増えている

通信制大学は、一般の通学制大学のような入試テストは行われず、レポート課題や作文の提出によって合否が決まるところが多くあります。また、全国の学習意欲がある社会人を広く受けている通信制大学は、入学の条件があまり厳しくないところが目立っており、高校卒業の資格がある人であれば短期間の準備で合格することができます。一方で、通信教育を受けた経験が無い人や、日ごろから勉強をする習慣が無い人は、入学後に思うように学習に取り組めないという問題が起こるケースもあります。そうした問題を防ぐうえで、通信制大学の入学願書やウェブサイトなどを確認して、なるべく興味がある学部学科を選んだり、充実した学習支援の制度がある大学を探したりすると良いでしょう。

有名な通信制大学は入学選考が厳しいところもある

全国的に有名な通信制大学の中には、多くの入学希望者が集まることや、学生の学力を一定以上に保つ理由で、入学選考が厳しく行われているところもあります。こうした大学に入学をするには、エントリーシートや作文などの課題を通じて、一般常識や社会経験などをしっかりとアピールできるよう心がけることが重要となります。通信制大学の入試で重視されるポイントについては、それぞれの大学の教育方針や学部学科、コースなどによって異なるため、じっくりと必要な事項を確認しておくことが大事です。その他、スムーズに入試を突破するために、難易度が高い資格や免許を持つ人や、社会生活で実績を上げた人を優先的に入学させている通信制大学についても調べてみましょう。

通信の大学は、時間的な都合で通学が困難な人たちに対し、オンライン授業などを取り入れた教育システムのひとつです。